改修事例

ホーム > 改修事例一覧 > 伊達の古民家

伊達の古民家

●今は個人住宅として使用していますが、伊達市指定文化財「極楽院」が原形で、明治初期に廃寺となりましたが、修験道の護摩壇に使用した部屋も残っています。家主の娘さんから「子供の頃の思い出がいっぱいある家に、三世代で同居したい」との相談を受けたのが始まりです。

【設計趣旨】
南側の前庭、北側の竹林を整備し、住宅と一体感の有る豊かな空間を造る。
茅葺屋根の原形を尊重し、古民家本来の美しさを取り戻す。
●改修工事のテーマ
 1)3世代同居の実現
 2)できるだけ元の状態に戻す(平面、外観)
 3)伊達市指定文化財:内部の護摩壇部分を元の状態に戻す
 4)断熱化する
 5)耐震補強を行う
南外観:施工前
 
南外観:施工後
 
東面:施工前
 
北外観:施工前
 
北外観:施工後
 
屋根:施工中
 
屋根:傾き修正
 
玄関:施工前
 
内観(玄関):施工後
 
内観(玄関〜茶の間):施工前
 
内観(玄関〜板の間):施工後
 
内観(板の間):施工後
 
内観(広縁):施工前
 
内観(広縁):施工後
 
内観(和室10帖):施工後
 

空き家・古民家相談センター

〒960-8061 福島市五月町4-25
福島県建設センター5階(福島県耐震化・リフォーム等推進協議会内)

TEL:024-521-5252 FAX:024-529-5274

Copyright © sundeminka.net All rights reserved.